空、風、木、水、地のように/千生

乳癌から18年 ―Blog 365 days―

タグ:発達障害

✒️ 2017,11,20 にて記



発達障害を、差別しているのかどうか?


世の中には、「発達障害」でない人が
発達障害に見えることがある。一般に

「発達障害」という名称が、人間失格と
いうイメージになるのに、犯罪者の6割、
刑務所の受刑者の6割が「発達障害」だと
言われていた。しかし、「発達障害」でも

「犯罪者にならない人」がいる。それが、
才能かも知れないし、「知能」なのかも
知れない。「ふりをする」ことにより

「発達障害」だという肩書きに逃げ込む
不良や、引きこもりや犯罪者も居るから。


犯罪者に、「発達障害がある」ということ
ではなく、「発達障害」を増やしている国
というのが、宗教や支持政党により発生し

「高学歴であるのに宗教により犯罪者」と
なったり、「家庭崩壊により発生した」
事件から、「発達障害者」扱いされる
大人もいる。


ADHDを知る機会があった。彼が無事に
成人していることを願って止まないが。


ADHD、アスペルガーによる自傷行為。

これは、「発達障害」ではない、と私は
考える。分別を分かる前に発生していた
アスペルガーを、「発達障害」とは私は
考えていない。


「発達障害」は、犯罪者にしかなれない、
分別が機能しない脳を、そう捉えられる。

「サイコパス」にしかならないような、
「精神病質」であることを隠しようがない、
宗教や思想により偏りがある思考や人格を、

「発達障害」と考える。一般に多角的に
かつ、好奇心や向学心により知性や知能に
変化が起きやすいタイプは、発達障害には
ならない、と思う。不登校児や孤児として

環境に不備を負わされた児童には発達障害
である以前の、特性が介在していたと思う。

才能や能力の基本には、他人と比較をしない
出来ない、しようがない家庭環境や生活習慣
というのがある。


みんなが同じ環境に生まれ、みんなが同じ
細胞や、環境に育たないので発達障害とは
「他人との比較により発生したこと」では
なく、

「人為的なコントロール」や他人や家庭に
おける、「両親からの遺伝子」により発生
したもの、と捉えるべきではないのか?



世の中が、見えていない、見ないように
していた、見ないように生きていたこと。


「自分らしく生きる」ことを考えないとか、
「違う名前で生きてみる」ということには

「ほんとのこと」が、辛い時や悲しい時があり
喜怒哀楽を、「感じにくくしたい」という人に
遭遇する。それを、解離性障害だと分かるのに、

世の中には、「発達障害」でない場合に、実は
「発達障害」にしてしまう仕組みがある!?


例えば、宗教という世界観から「発達障害」に
なってしまったかのようになる場合や、時には
家庭環境で、普通とは「分からない人たち」に
繋げたりしてしまうこと。


幼少時代に、人とは違うタイプを見る機会や
知る機会を得た。あまりにも異常な場所にいて、

あまりにも非情な場所にいて、あまりにも
理不尽たる人間を識る。それを分かるように
なると、「平和」の陰にある欺瞞や刹那とか、

「自分の生きるべく環境」を「絵空事」
みたいに感じていく。


現実は、儚い人間模様を見るに至り、
殺人や麻薬中毒や、ひったくり、暴漢、詐欺、
ホステス、ヤクザ、暴力団や右翼がいた!?


人は、それを生きて、それに泣いて、それに
笑い、それに楽しみ、それを誇示していた。

幸せか不幸か。他人には関係ない。新宿は
歌舞伎町に居ると、意外や気にしない!?


気にする、介入したがるのは、なぜか?
多摩市にいると分かるのは、精神障害者だけ。


精神障害者は、他人に成り代わることに
夢中になり、逸話に自分を置き換えていく。

似ていないとふりをし、繋がらないと
成り済まして。知らない人に自分を置き
換えてる。存分に体験をせずに、自分を
生ききれずに、第三者に成り済ましてる。


違う他人のドラマに憑いたふりをする。


能力を持たない、自分を知らない人間が、
他人を生きているふりをする。無分別に!


「発達障害」という肩書きが好きな人たち。


こんな風に題名から、分かるような医学がある。



「精神医学」というものは、何なのか?




――――――――――――――――――――――――




「大人の発達障害ってそういうことだったのか」


著:宮岡 等/内山 登紀夫

判型 A5
頁 272
発行 2013年06月
定価 3,024円 (本体2,800円+税8%)

ISBN:978-4-260-01810-4


2人の精神科医が「大人の発達障害」について、
とことん語った至極の対談録

近年の精神医学における最大の関心事である
「大人の発達障害とは何なのか?」をテーマ
とした一般精神科医と児童精神科医の対談録。

自閉症スペクトラムの特性から診断、統合
失調症やうつ病など他の精神疾患との鑑別・
合併、薬物療法の注意点、そして告知まで、
臨床現場で一般精神科医が困っていること、
疑問に思うことについて徹底討論。

立場の違う2人の臨床家が交わったからこそ
見出せた臨床知が存分に盛り込まれた至極の
1冊。










考えたいテーマだね。

政治家やタレントの大半が、発達障害だと
知らないと、人間社会が見えにくくなるよ!



@鈴木霄



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



「発達障害」を識らないと、なぜか
「発達障害」であるふりがある。


「解離性障害」を知らないと、なぜか
「多重人格」ごっこをやる人がいる。


「エキストラ」という言葉を知らずに、
「劇のふり」をした男女が、

「コスプレ」をやりたがり、したがって
黒いスーツを男女が着まくっていた!


専門学校のふりや、警察に繋がるふり。
精神障害者の「演技性パーソナリティ障害」
だった。それを(エホバとする人と)黒子役が

黒いスーツに身を包み、赤ではない誇示や
「赤に繋がらない」アピールにしていた。


「バーチャル」という言葉に繋がらない
若い男女が、「ロケーションごっこ」をして

「キッズニア」に習った、バーチャル世界や
「コスプレごっこ」に陥っていた。知能に
問題があるとか、スキルが無い男女がやる。


それは、「働ける」アピールだったり
「社会参加」であるアピールだった!


エホバが、企業が、メディアが、共産党が、
創価が、「参加型のふり」や「多重人格」や

「エキストラ」や「ヤラセでやるタレント役」
を使う仕事を長くしていた。それが過剰に
なり、親族の顔に似てるとか、ふりや?



そこで、「ロケーションごっこ」は成立した
らしい。その狂言を、インチキをメディアや
テレビには繋がらない場所、普通に街なかや

居住地域でも、日常の大半をエキストラ化
させた遊びとドラマと、実生活による在処は
曖昧な洗脳や仲間づくりによるデモだった!



小池ゆり子知事が、選挙に立候補した途端。
創価が、Fのグループが「緑のふり」をした。


流行りすたりで、イベント参加型バーチャル。
エキストラは、創価で「小池ファン」をした。

それが、共産党の「デモ隊」の姿の模倣で
あり、オウムの選挙に類似した新しい盲信、
知事を見に行く「追っかけごっこ」だった。



発達障害を、多重人格者を、宗教を、
あらゆる障害者を、政治や社会参加に

顔を出させ、身元不明者や仮名な顔に
参加、バーチャル組織に加担させた(笑)。


明らかに、見えにくい「何処かの嘘つき」を
「みんなといる」「みんなと繋がる」人間に
して、利用した。「楽しく見えるふり」やら
「誰でもいいから出させる」というヤラセ。


振り込め詐欺の犯人のふりもやる、郵便局で
郵便強盗に一番に会わされる局員の役とか?

恐喝目的の文書や郵便物や、イタズラをする
目的の為の配達員のふりや。ハラスメントや
ヤジをいう為に配置された病院の事務員役や
看護師役に、駅ナカにいる販売員の役がある。


私が、市街地で会わされた洗脳されたがりな
弱虫な、当たり屋や知能レベルが高くない家
から参加していた男女は、

制服や、肩書きに酔いしれ、浸りに来た。
パワハラや狂言要員。新しい仕事のやり方。


エキストラを、バーチャル世界に配置すると
洗脳や、精神疾患が無いと参加が出来ない。

まともな知能なら、「異常だ」と気付くから。


気付かない顔や、分からない知能にしか
役が「ロケーションごっこ」には、配置
されてはいない。わざと地方に配置するとか。


観光客を増やすとか、地域を活性化させる
為に、俵万智さんみたいに著名な作家さんを
地方に転出させるとか、メディアで売り込む
ケース(宮崎県を観光客で増やしたいから?)。


発達障害でなくても、著名なら?
メディアが使う為に、地方に、廃れた地域、
観光地に作家も行かせる。鈴木健二さんも
然り。有名なら、地方にも移り住むという。


「発達してない」ことや「発達しない場所」
とは、「誰かを置いておく」というドラマ
があるらしい。宮本亜門さんの沖縄生活とか。


発達して、メディアに参加する必要がある
人たちは、地方にも行くのよ。角松敏生の
沖縄や北海道通いみたいに、ね。






大人の発達障害ってそういうことだったのか


著:宮岡 等/内山 登紀夫

判型 A5
頁 272
発行 2013年06月
定価 3,024円 (本体2,800円+税8%)
ISBN978-4-260-01810-4



2人の精神科医が「大人の発達障害」
について、とことん語った至極の対談録

近年の精神医学における最大の関心事で
ある「大人の発達障害とは何なのか?」を
テーマとした一般精神科医と児童精神科医
の対談録。自閉症スペクトラムの特性から
診断、統合失調症やうつ病など他の精神
疾患との鑑別・合併、薬物療法の注意点、

そして告知まで、臨床現場で一般精神科医
が困っていること、疑問に思うことに
ついて徹底討論。立場の違う2人の臨床家が
交わったからこそ見出せた臨床知が存分に
盛り込まれた至極の1冊。



✒️序文


まえがき-宮岡 等

 「大人の発達障害」という言葉を目にする
場面が増えました。雑誌や書籍で取り上げら
れるだけでなく、大人を中心とする一般精神
科臨床においても「本を読んで自分は発達障
害に当てはまると思う」「『うつ状態が長引
いているのは発達障害を合併しているせいだ』
と担当医に言われた」「『発達障害の傾向が
あるから仕事がうまくできないのではないか』
と産業医に言われた」などと来院する患者さ
んは少なくありません。発達障害を少し勉強
すると、従来、遷延性うつ病、寡症状性統合
失調症、パーソナリティ障害、適応障害など
と診断しつつ、なんとなくしっくりこなかっ
た症例のそれまで見えていなかった面が見え
るようになり、新たな対応を思いつくことも
出てきました。











🖋️目次

📑第1章 なぜ大人の発達障害なのか

 [はじめに]
  私が発達障害に関心をもった理由(宮岡 等)

 [大人の発達障害が急激に増えた理由(1)]
  概念が広がって注目度アップ 暮らしにくくなって症状が顕在化した

 [大人の発達障害が急激に増えた理由(2)]
  マスコミをにぎわす事件が契機に 犯行動機が世間の注目を集めやすい

 [疫学、病因]
  発達障害は決して稀な障害ではない 主な原因は遺伝的要因と環境要因


📑第2章 知っておきたい発達障害の基礎知識

 [定義と分類]
  「生来性」「発達期での特性の出現」「症状の安定」の三点で定義

 [歴史]
  「アヴェロンの野生児」から自閉症スペクトラムまで

 [概念の整理]
  コアとして押さえておきたいのは自閉症スペクトラム障害

 [ASDの典型症例]
  IQは120以上、進学校の出身 不自然な言動などのアスペルガー感が顕著

 [これだけは知っておきたい知識]
  多くは抑うつなど他疾患を合併
  一般の精神科外来に一割程度はいるかもしれない

 [症状(概論)]
  統合失調症的にみられやすい 一対一の診察場面では普通に振る舞える

 [疾患と捉える範囲]
  小学校教諭にASD者は少ないかもしれないが
  大学教員にはたくさんいるかもしれない


📑第3章 診断の話

 [基本となる症状]
  主な症状は、社会性、コミュニケーション、
  イマジネーションの「三つ組の障害」と感覚過敏

 [年齢による変遷]
  認知発達は伸びるが、その伸びに
  社会性やコミュニケーション能力がついていかない

 [とりあえずこれだけは聞いておこう]
  相手の立場に立ち、想像して行動できるかがポイント
  社会性の問題は聞き取りも対応も難しい

 [主な症状-感覚過敏(1)]
  コンビニのおにぎりは食べるけど、お母さんの手作りおにぎりは食べられない

 [主な症状-感覚過敏(2)]
  幻聴ではなく聴覚過敏 典型的な症状との違いを区別することが大切

 [主な症状-社会機能、社会性の欠如]
  タオルや下着と一緒に歯ブラシを置く
  「これぐらいわかるだろう」は通用しない

 [合併と鑑別-統合失調症]
  スキゾタイパル、ジンプレックス、ヘボイドフレニーと
  診断したくなる人がいたら、発達障害・ASDを疑え

 [合併と鑑別-緊張型統合失調症]
  緊張型統合失調症とは違う症状としてのカタトニーに注目する

 [合併と鑑別-妄想型統合失調症]
  「自分はバットマンになった」「聖徳太子である」は
  妄想なのか、ファンタジーなのか

 [合併と鑑別-統合失調症と自傷他害]
  ASDの他害には納得できる理由がある
  イマジネーションが障害し、手加減ができない

 [合併と鑑別-統合失調症か発達障害かの診断]
  症状をよく聞かずに「まあいいや診断」は危険

 [合併と鑑別-うつ病(1)]
  「気分が沈む」の意味が伝わりにくい
  話したことがあまり伝わっていない前提で対応を

 [合併と鑑別-うつ病(2)]
  「ツレうつ」はアスペうつなのか?

 [合併と鑑別-うつ病(3)]
  うつ病の症候学や治療学のなかに「発達障害関連うつ病」の分類が必要

 [合併と鑑別-双極性障害]
  時間単位でバイポーラーなんておかしい 自閉症でも躁に見える人がいる

 [合併と鑑別-境界性パーソナリティ障害]
  相手を困らせる行動をとるボーダー
  困らせるとわからずにやってしまうアスペルガー

 [合併と鑑別-強迫性障害]
  自閉症スペクトラム寄りの強迫と強迫性
障害寄りの強迫とでは治療法が違う

 [合併と鑑別-拒食症]
  ASDの合併は昔のシゾイド的な人に多い

 [合併と鑑別-身体表現性障害]
  身体表現性障害の心気的な症状は非常に多いが、
  身体に関するこだわり方が違う

 [合併と鑑別-知的障害と認知症]
  知的障害があっても高齢者でも原則は同じ
  治すのではなく、困らないよう支援する

 [診断-問診のしかた(1)]
  まず四つの特徴のうちのいくつかを聞く
  どれか引っかかったら発達障害や合併を疑う

 [診断-診断基準(1)]
  「物を並べる」などの操作的な診断基準をつくるより
  「こだわり」でくくったほうが本質をつかみやすい

 [診断-診断基準(2)]
  「ちょっと変だな」と感じて
  現在の問題が過去とつながっていたら発達歴を聞く

 [診断-問診のしかた(2)]
  初診の四十分のうち二~三分でもよい 発達障害に関連した問診をしよう

 [診断-テストや評価尺度]
  評価尺度は本来、臨床経験がある人が使うべきもの
  「診断基準にこれだけ当てはまったから」は間違いのもと

 [診断-診断のテクニック]
  自閉症は刺激してその反応をみることが大切
  普通の人と目のつけどころが違うこともある

 [男女差をどう考えるか]
  女性はノーマルに振る舞うのが上手
  潜在例は多いが、症状をなかなか訴えない

 [プライマリケア医、産業医の対応]
  仕事そのものはできる人が多い 適材適所で能力を発揮できる環境整備を

 [学校の先生やカウンセラーの対応]
  精神分析ばかりではかえって症状を悪化させる 教育現場と医療の連携も必要

 [明確な診断はつけられるのか]
  典型例については診断できるが、正常との境界は誰にもわからない


📑第4章 治療とケア-どう捉え、どうするべきか

 [大人の発達障害は誰が診るべきか]
  ASDは大人になって悩み始めるケースが多い
  大人の発達障害は大人の精神科医が診るべき

 [治療上の注意&アドバイス(1)]
  指示は口頭ではなく、文字情報で伝える
  曖昧な表現ではなく、説明は具体的に

 [治療上の注意&アドバイス(2)]
  罪悪感は感じているが反省の表現が苦手 損得勘定での説明が効果的

 [強迫性障害を合併したASDの治療]
  周囲の環境調整を最優先に 視覚的スケジュールの作成も必要

 [入退院にまつわる問題]
  状況依存的で暴れたりよくなったりの繰り返し
  発達障害を考慮したシステム構築が必要

 [うつの治療に関する注意点]
  「頑張って」「休憩しましょう」は×
  生活の枠組みに関する提案を具体的に行う

 [抗うつ薬処方上の注意]
  量や種類を増やしても効果はない
  薬に敏感で、副作用が出やすいケースも多い

 [発達障害の治療の基本]
  本人にとってより快適な環境を用意する
  患者がいかにできないかを周囲にわからせることも重要

 [告知]
  告知によって自分を知るのも治療の一環 病気の説明というスタンスで対応を

 [大人の発達障害の理想と現実]
  社会全体のサポートがもっと必要 排除と配慮という本音と建前

 [臨床現場でできること]
  発達障害を診ない精神科医は、喘息を診ない小児科医と同じ


📑第5章 ADHDと学習障害

 [ADHDの概念・歴史]
  国によって概念の広さに差 正常との線引きが難しい

 [ADHDの診断]
  不注意・多動性・衝動性は非特異的
  ADHDであれば学童期から症状があったはず

 [ADHDの治療]
  薬物治療が第一選択ではない 生活指導だけでもかなり改善できる

 [学習障害の概念]
  読み・書き・計算の障害があるか 計算機やワープロで代替が可能

 [ADHD・学習障害のまとめ]
  成人のADHDにも薬が使えるようになったため
  ASDもADHDと診断されやすくなる?



✒️おわりに-一般の精神科医の先生方に望むこと

対談を終えて-内山登紀夫
対談を終えて-宮岡 等



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




「生きる」ということは、とんでもない
ドラマがうごめいているのかも知れない…。

「毎日」が、嘘や現実から生まれてきた
ドラマだけど。「知りたくないこと」や

「見たくない真実」や、中には
「行きたくない場所」があるし。


人によっては「訳もなく悲しいこと」を
抱きしめたり、「訳もなく辛いこと」を
体験しに行くことに、課した人もいるんだ。


「発達障害」だと言われてる人が、また
「発達障害」がある、と思っている人が

「ほんとは違うこと」に迷子になっている
ケースがある。私が知る「発達障害」の人、

テレビに出ていた「発達障害者です」という
人と、かなり違っていた。むしろ利発にして
「勤勉」であり、「積極的」だったり


何か「可愛かった」りした。だが、テレビ
では「これが発達障害だよ」という顔する
家庭の場合には、明らかに

「勘違い」や「とんちんかん」に見えた。
私が知っていた「発達障害者」とは?


「障害者ではない」のかも知れない、と
思った。もしかしたら、

そんな風に、他人に「思わせたい人」や
「発達障害になりたい子」がいるのかも
知れない、という。人間は、もしかしたら

「見つけられたがる」のか。「発達障害」
なら、人に気にされたり、人に避けても
もらえ、わざと「つもり」になるのか?


ふりをしてる家庭や、「発達障害者」には
なりたがるのかも知れない、と思わせられた。


テレビで見た「発達障害」がある人は、実は
「発達障害者ではない」のを、必死で隠して
テレビに「出たいから演じた」人なのか?


「障害者」であることが、「精神疾患」では
必要な仕事や、役割なのかも知れないね。

「パーソナリティ障害」が、ヒーローや
ヒロインに見えたり、テレビに出てきたり

取材を受けている。それを「してみたい」
誰かが、エホバごっこより素敵に見えた
「発達障害」なら演じて楽しかったのか。


「パニック障害」だと宣言してきた、あの
長嶋一茂さんは、パニック障害に見えない!


「パニック障害のふり」に見えたりする。

つまり、有名人が「障害がある」ことにより
一般の視聴者が、「たいしたことはないさ」
とか、「おんなじだから好き!」と思ったり。


もしかしたら、「おんなじだから」とか
「繋がっている」ふりが、精神疾患には
付き物なのかも知れないね。一茂くん?


新橋育ちの宮本亜門さんの「引きこもり」や
「登校拒否」だって、かなりまともだし利発
なだけ、だし。嘘じゃないけど、

利発でないとならない、「発達障害」にも
見えないタイプが、可愛いと「障害者」に
なるんだね。やらしい知能なんだね?






↑このページのトップヘ