空、風、木、水、地のように/千生

乳癌から18年 ―Blog 365 days―

タグ:医科学

我が家にある、変な医学書!

と言うより、気が向かないと読まない私の
欲求と好奇心と、向学心が買わせた本たち。



image


image





読まなくても、読んだ気持ちにはなるし?
読みたくて、嬉しくなる時には枕の傍らに
位置している。ぐうたらな風邪ひきの時は

寝ながら勉強させてくれる、そんなお友達の
いくつか。登校拒否児をしてみないと?

こうした嗜好は、生まれないらしい(笑)。




✒️ 2015,11,2 にて記



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










「探究心」とか、「知りたがり」とか、
「気まぐれ」だの、「物好き」だのと
言われてしまうことにより、明らかに

「素人の戯言」ではあるのだけれど。


分からない、知らない、気づかない
という日常に、「不安をつくる」のです。

「不安を減らす」べく、「分かりたい」
という。ただ単純に、「知るべき」だと。


それが、私の場合に
「変な医学書」に、繋がりました!



✒️ 2015,11,22にて記



海外ニュース|健康美容NEWSモバイル

 

コロンビア人男性の例
条虫からヒトにがん細胞が伝播 ―

HIVに感染しているコロンビア人男性に、
条虫から伝播したがん細胞に起因するがん性
腫瘍が発生した症例が報告され、「New Eng
land Journal of Medicine」11月5日号に掲載
された。米国疾病管理予防センター(CDC)に
よると、これはいわゆる「悪性形質転換」の
初めての症例だという。



TVの見過ぎが
主要疾患による死亡リスクに関連

TVの見過ぎが、主要な死亡原因のいくつかと
関連することが、新たな米国の研究で明らか
となった。米国人の92%は自宅にTVを持ち、
成人の80%が余暇の半分以上にあたる1日
平均3時間半、TVを見ているという。



VW排ガス
不正問題が60人の命に影響

自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の
排ガス不正問題による直接的な影響として、
米国では60人の早期死亡と数億ドルの医療
支出などのコストが発生する見込みだという。
VWは、米国で販売された48万2,000台の
ディーゼル車について排ガス規制を逃れる不正
ソフトウェアを使用したと認めている。これに
より該当車は排ガス規制法で認められる汚染量
の40倍を排出する可能性があると、研究著者
らは指摘している。



胸焼けの治療薬が
腎疾患リスクに関連

胸焼けの治療によく用いられるプロトンポンプ
阻害薬(PPI)と慢性腎臓病(CKD)の関連が、新たな
2件の研究で示唆された。PPIは胃酸を減少させる
ことで、胸焼けや胃酸の逆流を治療する薬である。



受動喫煙で
小児の虫歯リスク2倍に

我が子を虫歯から守りたければ、その子の
近くでタバコを吸ってはいけない。生後
4カ月で受動喫煙に曝露した小児は、3歳
までに虫歯になるリスクがおよそ2倍である
ことが、日本の研究で報告された。一方、 
母親の妊娠中の喫煙は虫歯の要因にはなら
ないようだと、研究グループは付け加えて
いる。



脳卒中になりやすい職業

ストレスの多い仕事――特に、要求は
厳しいが裁量権がほとんどない職業に就くと、
脳卒中リスクが高まる可能性があるという。
中国、広州南方医科大学心臓病学部のYuli
Huang氏らの研究で示された結果で、論文
は「Neurology」オンライン版に10月14日
掲載された。



ニンジンが眼の老化に有用

昔から「ニンジンは眼によい」と言われて
きたが、最新の研究がそれを裏づけること
になった。米ハーバード大学公衆衛生学部
(ボストン)大学院生のJoanne (Juan) Wu氏
らの研究で、カロテノイドと呼ばれる色素
が、加齢黄斑変性(AMD)という眼疾患の予防
に役立つ可能性が示唆された。この色素は
ニンジンや赤パプリカでは赤色やオレンジ
色、ホウレンソウやブロッコリーでは濃緑
色を呈する。



喫煙によるリスクは世代を超える? ―
祖母の妊娠中の喫煙で孫の喘息リスクが上昇する可能性

祖母が母親を妊娠しているときに喫煙して
いた小児では、母親が喫煙していなくても、
喘息リスクが上昇することが示唆された。
オーストラリア、メルボルン大学のCaroline
Lodge氏らの研究で、オランダ、アムステル
ダムで開催された欧州呼吸器学会(ERS)で
発表された。



身長が高い人は
がんリスクも高い可能性

500万人を超えるスウェーデン人男女を対象
とした研究で、背が高いほどがんリスクが
高いことが示唆された。
この研究では、成人時の身長が10cm増える
ごとに、がんリスクが女性では18%、男性
では11%高まることが判明。長身の女性は
乳がんの発症リスクが20%高まるほか、男女
ともに身長が10cm増えるごとにメラノーマ
(悪性黒色腫)のリスクが約30%上昇すること
もわかった。



プロバイオティクスは
重症患者の耐性菌感染を予防しない

プロバイオティクスには、重症患者を抗生
物質耐性菌から保護する効果はないことが、
新たな研究で示された。
研究の筆頭著者で米ワシントン大学医学部
(セントルイス)の感染性疾患臨床研究者で
あるJennie Kwon氏は、「プロバイオティ
クスの利用は興味深いテーマだ。


RSウイルス感染に
有望な複合ワクチン

乳児や高齢者の下気道感染症の主な原因と
なっている呼吸器多核体ウイルス(RSV)の
ワクチンが実現に近づいているという。
同じ複合ワクチンに関する2件の研究(うち
1件はヒトを対象とするもの)で、ヒトに
おける有効性は明らかにされていないもの
の、「確かな希望のもてる結果が得られた」
と英国立衛生研究所(ロンドン)のPeter Open
shaw 氏は述べている。


重症PMSの第一選択治療は抗うつ薬

自殺念慮を伴う重度の月経前症候群(PMS)、
すなわち月経前不快気分障害(PMDD)の治療
では、抗うつ薬が第一選択となることが
新たな研究レビューで明らかにされた。
PMDDはPMS患者の最大8%にみられる。


家庭用殺虫剤の使用が
小児がんリスクに関連

室内で殺虫剤に曝露した小児は白血病や
リンパ腫を発症するリスクがやや高いこと
が、新たなレビューで明らかにされた。
また、除草剤曝露と白血病リスクの間にも
弱い関連が認められたという。


副鼻腔炎の手術で
睡眠時無呼吸が改善

慢性副鼻腔炎の手術を受けると睡眠が改善
されることが新たな研究で示された。今回の
研究では、慢性副鼻腔炎患者の15%に閉塞型
睡眠時無呼吸がみられたが、睡眠障害の有無
にかかわらず、手術後の患者は生活の質(QOL)
が改善され、よく眠れるようになったと報告
しているという。



規制外の幹細胞治療に警告

米国では、薄毛からアルツハイマー病まで、
さまざまな疾患に対して未承認の幹細胞治療
を行うクリニックが多数存在することが報告
された。


大腸内視鏡検査の時間を長くするとがんリスクが低下

大腸内視鏡検査を早く終わらせてほしい、
とは思わないほうがよい。検査にかかる時間
が長いほど、後に大腸がんになる確率が低い
ことが新たな研究で示唆された。この知見は、
内視鏡検査の持続時間に関する現行のガイド
ラインを裏付けるものだと研究者らは話して
いる。


アルツハイマー病の66%に
生活習慣に関連する9因子が寄与

世界のアルツハイマー病の症例のうち3分の
2までは、生活習慣から生じ得る9つの条件に
起因する可能性が新たな研究で示唆された。
その9つとは、肥満(特に中年期の高BMI/肥満
指数)、頸動脈疾患、高血圧、うつ病、脆弱性、
教育水準の低さ、ホモシステイン値の高さ、
喫煙(アジア人のみ)、糖尿病だという。この
ような因子に対処することにより、長期的な
アルツハイマー病発症リスクを低減できる
可能性がある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

✒️2016,3,5にて記



母ががん患者になり、
パーキンソン症候群の身内を介護し

自身が乳癌と婦人病になり、あらゆる
薬剤を目の当たりにした日常から

気になる薬学。素人が素人では居られなく
なるのは、家族や自分が薬を飲むから!?



医学書院から見つけた本。
気になる薬学


「Pocket Drugs 2016」だ!



概要は、

現在のわが国で使用されている薬剤ほぼ
全種類について,最新情報を分かりやすく,
コンパクトにまとめた『Pocket Drugs 2016』

基本的な構成は,創刊(2014年)以来
変わらず,領域毎に,その冒頭に「臨床解説」
-薬剤の特徴,種類と作用機序,同効薬について



Pocket Drugs 2016


目次


精神
 1 睡眠障害治療薬
 2 抗不安薬
 3 抗うつ薬
 4 双極性障害治療薬
 5 統合失調症治療薬
 6 ADHD治療薬

神経
 7 てんかん治療薬
 8 パーキンソン病治療薬
 9 重症筋無力症治療薬
 10 多発性硬化症治療薬
 11 片頭痛治療薬
 12 めまい治療薬
 13 認知症治療薬
 14 脳卒中治療薬
 15 その他の神経疾患治療薬

循環器
 16 血栓溶解療法薬
 17 抗凝固療法薬
 18 抗血小板療法薬
 19 心不全治療薬(強心薬)
 20 不整脈治療薬
 21 高血圧治療薬
 22 低血圧治療薬
 23 狭心症治療薬
 24 末梢動脈疾患治療薬
 25 肺高血圧症治療薬

呼吸器
 26 気管支喘息治療薬
 27 COPD治療薬
 28 咳嗽治療薬
 29 去痰薬
 30 その他の呼吸器疾患治療薬

消化器
 31 酸関連疾患治療薬
 32 炎症性腸疾患治療薬
 33 過敏性腸疾患治療薬
 34 消化管機能調整薬
 35 止瀉,整腸薬
 36 下剤,浣腸薬
 37 肝炎治療薬
 38 肝機能改善薬
 39 胆道疾患治療薬
 40 膵臓疾患治療薬
 41 鎮痙薬
 42 痔治療薬

腎・泌尿器
 43 腎疾患治療薬
 44 利尿薬
 45 過活動膀胱治療薬
 46 前立腺肥大症治療薬
 47 尿路結石症,その他の泌尿器用薬

産婦人科
 48 子宮用薬
 49 子宮内膜症治療薬
 50 産婦人科疾患治療薬
 51 避妊薬

内分泌・代謝
 52 骨粗鬆症・骨代謝改善薬
 53 甲状腺機能異常治療薬
 54 低身長症治療薬
 55 その他のホルモン製剤
 56 インスリン製剤
 57 糖尿病治療薬
 58 脂質異常症治療薬
 59 高尿酸血症・痛風治療薬

血液
 60 造血障害治療薬
 61 血友病治療薬
 62 血液製剤


 63 抗悪性腫瘍薬(アルキル化薬)
 64 抗悪性腫瘍薬(抗生物質)
 65 抗悪性腫瘍薬(代謝拮抗薬)
 66 抗悪性腫瘍薬(白金製剤)
 67 抗悪性腫瘍薬(植物アルカロイド)
 68 抗悪性腫瘍薬(分子標的薬)
 69 抗悪性腫瘍薬(ホルモン療法薬-乳癌)
 70 抗悪性腫瘍薬(ホルモン療法薬-前立腺癌)
 71 抗悪性腫瘍薬(その他)
 72 癌治療関連薬(制吐薬)
 73 癌治療関連薬(造血因子)
 74 癌治療関連薬(骨転移治療薬)
 75 癌治療関連薬(その他)
 76 癌性疼痛・緩和治療薬

抗炎症・アレルギー
 77 免疫抑制薬
 78 リウマチ治療薬
 79 解熱・鎮痛・消炎薬
 80 消炎酵素製剤
 81 副腎皮質ステロイド
 82 抗アレルギー薬

感染症
 83 ペニシリン系抗菌薬
 84 セフェム系抗菌薬
 85 その他のβラクタム系抗菌薬
 86 アミノグリコシド系抗菌薬
 87 マクロライド系・リンコマイシン系抗菌薬
 88 キノロン系抗菌薬
 89 テトラサイクリン系抗菌薬
 90 グリコペプチド系・ペプチド系抗菌薬
 91 その他の抗菌薬
 92 結核治療薬
 93 抗真菌薬
 94 HIV感染症治療薬
 95 インフルエンザ治療薬
 96 その他の抗ウイルス薬
 97 原虫病・寄生虫病治療薬
 98 ワクチン・抗毒素・トキソイド

眼科
 99 眼科・緑内障治療薬
 100 眼科・その他

耳鼻科
 101 耳鼻科・アレルギー性鼻炎治療薬
 102 耳鼻科・その他

皮膚科
 103 皮膚科・外用ステロイド
 104 皮膚科・感染性皮膚疾患治療薬
 105 皮膚科・その他

救急
 106 手術関連薬
 107 止血薬
 108 麻酔関連薬
 109 解毒・中毒治療薬

漢方
 110 漢方製剤

その他の医薬品
 111 希少疾病治療薬・その他の治療薬
 112 生活改善薬
 113 輸液
 114 電解質製剤,透析液
 115 ビタミン
 116 経腸成分栄養
 117 消毒薬
 118 造影剤
 119 放射性医薬品
 120 口腔用薬・歯科用薬
 121 診断・検査











読みたい、知りたい薬学!

気になる世界観。不思議だらけな薬剤。


高血圧でパーキンソン症候群の大叔母は、
パーキンソン症候群の治療に、ドーパミン
不足を補う薬剤を服用しながら、なぜか?

その薬剤が、副作用で血圧低下するから?
血圧を上げる薬を処方され、高血圧だから
降圧剤を飲まされていた。変だよね…。


医学は、おかしい。薬づけは命を破壊する?
不思議だらけな科学。化学は不気味だ。

















ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


✒️2016年8月20日にて記




人間は、無知をひけらかす!

詳しくないことを、デタラメに話している。
彼らは、彼女たちは「分かってない」んだ。

分かってないのに、意味深に話したがる。


しかし、人間は〈勘違い〉も習性として
ある。精神性や知性や知識に頼ることは
人間らしい行為であり、感覚である。


例えば、がんを見逃しやすい人たちに
共通した話は、一般的な健康診断から
『がんを見逃された』という罹患者や

健康おたくな人たちがいる。実際には?

『血液検査』や、『尿検査』や『検便』
だけでは見えない、分からないがんがある。


しかし、一般的に市区町村の健康診断で
『検査をしたから病気は分かるはず!』
というのは、人間の妄想でしかない。


例えば、『高脂血症』や『腎臓病』や
『糖尿病』が分かる血液検査で、人間は

『乳がん』や『子宮筋腫』や『心臓病』や
『胃がん』や『肺がん』は、分からない。


しかし、人間は『健康診断を受けてきた』
という人たちは、健康診断で分からない
疾患に、見逃された感覚に陥ることがある。

という現実は、何処にあるのか?


要するに、『生化学』を知らないから

『病院にかかると、全て見逃されない』
とか、『病院にかかると分かる』という
妄想に陥ってしまうのだ。知らぬが仏だ!


『がんに成りたくない』弱虫風を吹いてる
人間を、『がん検診に行きましょう』とか、

『健康診断を受けてますか?』と言うと
大半は、ごまかしたり答えたがらない!?


要するに、病気を怖がる人は、病気だけで
ない、電車に乗れないか現実回避型など。

精神障害に罹患し、自分の生命に対して
日常的に直視をしないままに生きている
人であるケース。

病気に疎いのは、気弱や臆病や、精神疾患
により知りたがらない人であるケースなど。


人間は、『病気になった!』という感情に
さいなまれたら、病気に負けたのではなく

自分の内面に突き当たると、脳や心の中で
ジタバタする妄想を始める。つまり、普段
他人の生命に優しくないと、病気に慌てる
場合や、知識がない人は不安症に陥る。


『病気かも知れない』と考える人は?
病気を解明したい。しかし、病気になると
他人の苦痛や人生に繋がっていない人間は

『自分だけの不幸』に、がんじがらめに
なる。それを、『ワガママ』だと認識が
出来ると、病気は『勉強になりました!』
と言えるようになる。


がん患者は、大半が其れ。
(中にはノイローゼになる人もいるが?)


という訳で、『生化学』についてを
人間が、如何に知らないままに人間を生き
人間が、『生きている自分』に疎いのかが
分かります。勉強しても損はないのです!




標準生化学


著:藤田 道也

判型 B5頁 368発行 2012年08月
定価 5,400円 (本体5,000円+税8%)
ISBN:978-4-260-00801-3


序文
生化学への理解を促す工夫に満ちた教科書


生化学の基本的事項からの記述や図の多用など、
生化学の教育に長年携わってきた著者の単独
執筆だからこそ成しえた工夫に満ちた教科書。
生化学において重要な代謝の解説に重きを
置く一方、がんの基礎医学の理解のため細胞
周期の制御とがん関連タンパク質にも詳細な
言及がされるなど、類書を見ないユニークな
内容構成。
随所で最新の学説も紹介されており、知的
好奇心を刺激されながら読み通したくなる
1冊。







 

なぜ生化学を学ぶことがだいじなのか 

 われわれのからだは物質(原子・分子)を
抜きに語ることはできない。これらの物質が
互いに作用し合うことによってはじめて細胞
・組織・器官が機能し,さらに個体としての
生命活動を営むことが可能になる。
人間としての生命活動を最も基本的なレベル
で支えているのが物質とそれらの間の反応で
あることは議論の余地がない。 
 この人間活動の最も基本的な機構を理解
するためにあるのが「生化学」という教科で
ある。生化学はその先端においてなお発達を
続けつつも,その大方においてすでに単なる
学問の段階を通り過ぎ「生体を理解するため
の基本的な知識」つまり「医学における常識」
として定着している。 
 この教科を学ぶことで栄養学,分子医学・
分子生物学がよりよく理解されるとともに,
健康とは何か,病気とは何かという医学の
根本問題をその基礎において理解するため
の確かな道が拓〈ひら〉かれるのである。





目次


第1章 生化学から見た人体の作り 

 I 人体の単位-細胞 
  1.形質膜(細胞膜) 
  2.核 
  3.小胞体 
  4.ゴルジ装置 
  5.リソソーム 
  6.ミトコンドリア 
  7.ペルオキシソーム 
  8.細胞骨格 
  9.サイトゾル 
  10.細胞の極性 
  11.細胞間マトリックス 

 II 器官と組織 
  1.循環系 
  2.消化系 
  3.呼吸系 
  4.泌尿系 
  5.内分泌系 
  6.神経系 


第2章 生体の物質的基礎 

 I 生体を構成する元素とそれらの作る結合 
  1.生体に多い6元素と量比 
  2.生体元素の作る結合 

 II 糖質(糖) 
  1.糖質の基本構造と性質 
  2.単糖の構造と性質 
  3.単糖の誘導体 
  4.多糖(グリカン) 

 III 脂質 
  1.脂質の性質と基本構造 
  2.脂肪酸 
  3.単純脂質 
  4.複合脂質 

 IV アミノ酸,ペプチド,タンパク質 
  1.アミノ酸 
  2.ペプチドとポリペプチド 
  3.複合タンパク質 

 V ヌクレオチドと核酸 
  1.ヌクレオチド 
  2.核酸 


第3章 人体の基本代謝 

 I 代謝総論 
  1.異化と同化 
  2.代謝の調節 
  3.代謝系のバランス 
  4.代謝の区画化 
  5.酵素の本体 
  6.酵素キネティックス(酵素反応速度論) 
  7.アロステリック効果 
  8.誘導適合仮説 
  9.酵素の分類 
  10.酵素の命名 

 II 糖質の分解 
  1.解糖系への基質の供給 
  2.解糖 

 III 脂質の分解(脂肪酸酸化) 
  1.脂肪酸酸化系への基質の供給 
  2.脂肪酸の酸化 

 IV アミノ酸の異化 
  1.アミノ基転移 
  2.尿素回路 
  3.炭素骨格の異化 
  4.生理活性物質への転化 
  5.アミノ酸代謝の異常 

 V ヌクレオチドの異化 
  1.プリンヌクレオチドの異化 
  2.ピリミジンヌクレオチドの異化 
  3.ヌクレオチドのその他の代謝と塩基の回収 

 VI 共通の終末酸化系-クエン酸回路と呼吸鎖 
  1.クエン酸回路(TCAサイクル) 
  2.呼吸鎖(電子伝達系) 

 VII グルコースの合成 
  1.糖新生(グルコネオゲネシス) 
  2.フルクトース,ガラクトースのグルコースへの転化 

 VIII 脂質の合成 
  1.脂肪酸の合成 
  2.グリセロ脂質の合成 
  3.スフィンゴ脂質の合成 

 IX 塩基とヌクレオチドの合成 
  1.プリン塩基とプリンヌクレオチドの合成 
  2.ピリミジン塩基とピリミジンヌクレオチドの合成 


第4章 基本代謝系の相関と統合 

 I 代謝経路における調節 
  1.グルコース代謝の調節 
  2.グリコーゲン代謝の調節 
  3.脂肪酸とトリアシルグリセロール代謝の調節 

 II 器官・組織における代謝の統合 
  1.ホルモンによる代謝の統合 
  2.受容体シグナリング 

 III エネルギー代謝の病態-肥満と2型糖尿病 
  1.肥満 
  2.インスリン抵抗性 
  3.2型糖尿病 


第5章 遺伝情報の発現と保存 

 I 遺伝情報の発現 
  1.転写 
  2.スプライシング 
  3.転写のその他の問題-エピジェネシス 
  4.翻訳 

 II 遺伝情報の保存と変化 
  1.DNAの複製 
  2.DNAの損傷と修復 
  3.組換え 

 III 細胞増殖 
  1.細胞周期とその制御 
  2.細胞周期制御の異常 


第6章 血液と細胞性ストレス 

 I 血液 
  1.リポタンパク質 
  2.凝固と線溶 
  3.ヘムの合成と分解(ポルフィリン代謝) 

 II 細胞性ストレス 
  1.酸化ストレス 
  2.小胞体ストレス 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✒️2017,12,21にて記




自分の臓器を知らない人間が、災害や
被災で、パニックに陥ることがある。


自分のカラダを分からない人が、他人の
病気に詳しいふりをする。そんな人たちが
いる人間社会で、介護やがん闘病の記録は

他人ごとであるし、分かりにくい!?


心臓、すい臓、肝臓、脾臓、腎臓には「臓器」
だというアピールがある。が、胃にも腸にも、

気管や咽頭、目や鼻や皮膚や骨や子宮や卵巣
にも、存在しているアピールはある。例えば、


膀胱には、おしっこは(尿管や尿路があり)
存在をかなりアピールしてくれている。


それを知らない、分かりにくい日常にいる
人間には、「他人みたいに分かりにくい」こと
である肉体に、遠慮や警戒が発生しやすいのだ。


だから、「自分と仲良くしておく為」にも
知識を、なるべくなら持ち備えて欲しい!?


人間を、「発達障害」と捉える医科学が、
人間を「発達すべき人体」と考え知ることが、

「第三者に成り代われない個人」である肉体、
また人格により形成されている存在である、
ということを、識る必要がある。



人間とは、どんな風に生まれて
どんな風に成長し、どんな風に生きるのか。


自分のカラダなんだから、自分の命くらい
自分の知能で自分の為に、学ぶ必要がある…。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





人間発達学
(第2版)

シリーズ監修:奈良 勲/鎌倉 矩子
執筆:岩崎 清隆

判型 B5
頁 374
発行 2017年12月
定価 5,616円 (本体5,200円+税8%)

ISBN:978-4-260-03264-3


「人間の発達とはなにか?」臨床的視点に
根差した人間発達学の知的体系を学べる1冊!


人間の発達過程をWHOの国際生活機能
分類(ICF)に依拠し、(1)機能の発達、
(2)社会生活活動の発達、(3)発達段階
(胎生期~老年期)の3つの視点から体系的
に整理していく。

読者は多面的かつ重層的な記述によって
「発達」への理解を深めることができ、
著者の臨床経験や洞察から紡がれる言葉は、
学生のみならず臨床家にとっても大きな
示唆を与えてくれる。

臨床的視点に根差した人間発達の知的体系を
提示する1冊!

*「標準理学療法学・作業療法学」は
株式会社医学書院の登録商標です。










🖋️目次

🗒️I 人間発達学総論


🗒️II 人間発達における各機能の発達

 第1章 身体,姿勢・移動動作の発達
 第2章 目と手の協調の発達
 第3章 認知機能の発達
 第4章 コミュニケーションの発達


🗒️III 社会生活活動の発達

 第1章 日常生活における諸活動の発達
 第2章 食事動作の発達
 第3章 排泄行動の発達
 第4章 更衣・整容動作の発達
 第5章 遊びの発達
 第6章 仕事をする能力の発達


🗒️IV 発達の諸段階と発達課題

 第1章 胎生期(受精~40週)
 第2章 乳児期
 第3章 幼児期
 第4章 児童期
 第5章 青年期
 第6章 成人期
 第7章 老年期


*セルフアセスメント

*索引
*巻末付表



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









医学とは、
人間に「おのれ」についてを教え、

自分自身に「カラダ」についてを洗脳し、
生きている日常で、「人間だから」と
誘導する知恵を与えてくれている…。



🖋️ 鈴木霄でした。


↑このページのトップヘ