「千杼」な365 days

乳癌から18年 ―Blog 365 days―

タグ:リスクファクター

✒️ 2015,11,22にて記



海外ニュース|健康美容NEWSモバイル

 

コロンビア人男性の例
条虫からヒトにがん細胞が伝播 ―

HIVに感染しているコロンビア人男性に、
条虫から伝播したがん細胞に起因するがん性
腫瘍が発生した症例が報告され、「New Eng
land Journal of Medicine」11月5日号に掲載
された。米国疾病管理予防センター(CDC)に
よると、これはいわゆる「悪性形質転換」の
初めての症例だという。



TVの見過ぎが
主要疾患による死亡リスクに関連

TVの見過ぎが、主要な死亡原因のいくつかと
関連することが、新たな米国の研究で明らか
となった。米国人の92%は自宅にTVを持ち、
成人の80%が余暇の半分以上にあたる1日
平均3時間半、TVを見ているという。



VW排ガス
不正問題が60人の命に影響

自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の
排ガス不正問題による直接的な影響として、
米国では60人の早期死亡と数億ドルの医療
支出などのコストが発生する見込みだという。
VWは、米国で販売された48万2,000台の
ディーゼル車について排ガス規制を逃れる不正
ソフトウェアを使用したと認めている。これに
より該当車は排ガス規制法で認められる汚染量
の40倍を排出する可能性があると、研究著者
らは指摘している。



胸焼けの治療薬が
腎疾患リスクに関連

胸焼けの治療によく用いられるプロトンポンプ
阻害薬(PPI)と慢性腎臓病(CKD)の関連が、新たな
2件の研究で示唆された。PPIは胃酸を減少させる
ことで、胸焼けや胃酸の逆流を治療する薬である。



受動喫煙で
小児の虫歯リスク2倍に

我が子を虫歯から守りたければ、その子の
近くでタバコを吸ってはいけない。生後
4カ月で受動喫煙に曝露した小児は、3歳
までに虫歯になるリスクがおよそ2倍である
ことが、日本の研究で報告された。一方、 
母親の妊娠中の喫煙は虫歯の要因にはなら
ないようだと、研究グループは付け加えて
いる。



脳卒中になりやすい職業

ストレスの多い仕事――特に、要求は
厳しいが裁量権がほとんどない職業に就くと、
脳卒中リスクが高まる可能性があるという。
中国、広州南方医科大学心臓病学部のYuli
Huang氏らの研究で示された結果で、論文
は「Neurology」オンライン版に10月14日
掲載された。



ニンジンが眼の老化に有用

昔から「ニンジンは眼によい」と言われて
きたが、最新の研究がそれを裏づけること
になった。米ハーバード大学公衆衛生学部
(ボストン)大学院生のJoanne (Juan) Wu氏
らの研究で、カロテノイドと呼ばれる色素
が、加齢黄斑変性(AMD)という眼疾患の予防
に役立つ可能性が示唆された。この色素は
ニンジンや赤パプリカでは赤色やオレンジ
色、ホウレンソウやブロッコリーでは濃緑
色を呈する。



喫煙によるリスクは世代を超える? ―
祖母の妊娠中の喫煙で孫の喘息リスクが上昇する可能性

祖母が母親を妊娠しているときに喫煙して
いた小児では、母親が喫煙していなくても、
喘息リスクが上昇することが示唆された。
オーストラリア、メルボルン大学のCaroline
Lodge氏らの研究で、オランダ、アムステル
ダムで開催された欧州呼吸器学会(ERS)で
発表された。



身長が高い人は
がんリスクも高い可能性

500万人を超えるスウェーデン人男女を対象
とした研究で、背が高いほどがんリスクが
高いことが示唆された。
この研究では、成人時の身長が10cm増える
ごとに、がんリスクが女性では18%、男性
では11%高まることが判明。長身の女性は
乳がんの発症リスクが20%高まるほか、男女
ともに身長が10cm増えるごとにメラノーマ
(悪性黒色腫)のリスクが約30%上昇すること
もわかった。



プロバイオティクスは
重症患者の耐性菌感染を予防しない

プロバイオティクスには、重症患者を抗生
物質耐性菌から保護する効果はないことが、
新たな研究で示された。
研究の筆頭著者で米ワシントン大学医学部
(セントルイス)の感染性疾患臨床研究者で
あるJennie Kwon氏は、「プロバイオティ
クスの利用は興味深いテーマだ。


RSウイルス感染に
有望な複合ワクチン

乳児や高齢者の下気道感染症の主な原因と
なっている呼吸器多核体ウイルス(RSV)の
ワクチンが実現に近づいているという。
同じ複合ワクチンに関する2件の研究(うち
1件はヒトを対象とするもの)で、ヒトに
おける有効性は明らかにされていないもの
の、「確かな希望のもてる結果が得られた」
と英国立衛生研究所(ロンドン)のPeter Open
shaw 氏は述べている。


重症PMSの第一選択治療は抗うつ薬

自殺念慮を伴う重度の月経前症候群(PMS)、
すなわち月経前不快気分障害(PMDD)の治療
では、抗うつ薬が第一選択となることが
新たな研究レビューで明らかにされた。
PMDDはPMS患者の最大8%にみられる。


家庭用殺虫剤の使用が
小児がんリスクに関連

室内で殺虫剤に曝露した小児は白血病や
リンパ腫を発症するリスクがやや高いこと
が、新たなレビューで明らかにされた。
また、除草剤曝露と白血病リスクの間にも
弱い関連が認められたという。


副鼻腔炎の手術で
睡眠時無呼吸が改善

慢性副鼻腔炎の手術を受けると睡眠が改善
されることが新たな研究で示された。今回の
研究では、慢性副鼻腔炎患者の15%に閉塞型
睡眠時無呼吸がみられたが、睡眠障害の有無
にかかわらず、手術後の患者は生活の質(QOL)
が改善され、よく眠れるようになったと報告
しているという。



規制外の幹細胞治療に警告

米国では、薄毛からアルツハイマー病まで、
さまざまな疾患に対して未承認の幹細胞治療
を行うクリニックが多数存在することが報告
された。


大腸内視鏡検査の時間を長くするとがんリスクが低下

大腸内視鏡検査を早く終わらせてほしい、
とは思わないほうがよい。検査にかかる時間
が長いほど、後に大腸がんになる確率が低い
ことが新たな研究で示唆された。この知見は、
内視鏡検査の持続時間に関する現行のガイド
ラインを裏付けるものだと研究者らは話して
いる。


アルツハイマー病の66%に
生活習慣に関連する9因子が寄与

世界のアルツハイマー病の症例のうち3分の
2までは、生活習慣から生じ得る9つの条件に
起因する可能性が新たな研究で示唆された。
その9つとは、肥満(特に中年期の高BMI/肥満
指数)、頸動脈疾患、高血圧、うつ病、脆弱性、
教育水準の低さ、ホモシステイン値の高さ、
喫煙(アジア人のみ)、糖尿病だという。この
ような因子に対処することにより、長期的な
アルツハイマー病発症リスクを低減できる
可能性がある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人間のカラダに繋がる場所に
洋服や下着がある…。


その原理は、2004年に乳癌が判明し

腋窩『リンパ節郭清』からも、また、しこり
3㎝の乳癌で、左乳房を摘出した手術からも、
考えるという経験をした。まさに『科学』だ!


私の生活は、2004年から『科学する生活』
になり、『分析』と『情報』と『体験』に
よるものをベースに、取り組みだした。


そんな私が、『科学』である基幹にある
『人体』や『工学』から、『QOL』を
識り、

『最善』や『クオリティー』たる状況や、
『受容しなくてはならない苦痛』を学んだ。


『PMPS』乳房切除後に起きる後遺症だ。

腋窩リンパ節にメスを入れたことによる
後遺症。季節や気候、記憶に左右された
後遺症のことだ!


こうした科学が、私のカラダに
『ライフスケープ』『リビングスケープ』
なる居住スペースや、世界観を形成した!



今日、たまたま知ったこの本が
私の『ライフワーク』を改めて実感させ、

私の日常に、『人生を歩くこと』の提議を
示し、カラダを辿り、時間を辿ることを
教えた。『リビングスケープ』の意味…。



リンパ浮腫を(後遺症を誘発させないよう)
起きないように生活をすること。科学だ!

乳房を摘出して、右乳房にあわせた
左乳房代わりのパットを作ること。科学ね。

ホルモン依存性の乳癌で、更には子宮と
卵巣を摘出(子宮内膜症と子宮筋腫含めた)
したことによる、更年期障害と付き合うと
いう環境や、女性ホルモンを抑制した生活。


全てが、『科学』であり『医学』であり
『女性たるホルモンについて』の世界観だ!


リンパ転移の有無や、リンパに転移しない
ようにする処置から、『わきの下』腋窩に
メスを入れ、腕が上がらなくなるという
体験を手術からしてしまった、という闇。


医科学は、人間たる生命の神秘に繋がり、
その根底にあるロマンや新鋭たる科学の
美しいまでの壮大なドラマに繋がる、と
いうものだ。





では、



科学のミカタ
元村 有希子
毎日新聞出版
2018-03-28






=説明=

「内容紹介」

科学がみえる
科学がわかる

AI、ゲノム、重力波――
知れば知るほど面白い、知らなきゃやばい科学の世界の読み解き方、教えます。


自然現象や環境問題、宇宙や医療、生物、物理、化学など私たちは日々、最先端研究から日常の科学の話題に触れている。
だが、どう受け止め、どう理解すれば安心して暮らせるのだろうか。
知ってるようで知らないこと、知らないと困る科学の話を『理系思考』や『気になる科学』など、文系人にもわかりやすく、
解説することで定評のある著者が解説。
好評科学エッセイ最新刊!



📑《もくじ》

Ⅰ こころときめきするもの 《どきどき、わくわく》

平安京とオーロラ/チバニアン/ニホニウム/竜巻博士/セレンディピティ/重力波/地底の望遠鏡「KAGRA」/ダークマター/富士山観測50年/ヘンな生物オールスター/ボイジャー1号/はやぶさ2/飛行士マニア/次はどこ行く?/ABC予想ってなんだ?/イグ・ノーベル賞/ノーベル賞/オートファジー/科学の「夜明け」


Ⅱ すさまじきもの《あきれる話 興ざめな話》

トランプ・ハリケーン/生物多様性/サステイナビリティ/ウナギと生態系/クマとの共生/環境危機時計/地球温暖化/2万年待てない/死海が干上がる/プラスチックごみ/メタンハイドレート/核のごみ


Ⅲ おぼつかなきもの《心がザワつく、気がかりな話》

「ガタカ」が描く未来/ゲノム編集/遺伝子ドーピング/盗まれる個人情報/夢を解読する/AI/AI兵器は許されるか/スマホ依存


Ⅳ とくゆかしきもの《早く知りたい、もっと知りたい》

体内コンパス/絶滅動物と私たち/ロボットと暮らす未来/火星へGO/首都直下地震/TSUNAMI/活断層列島/火山大国ニッポン/ナノカーレース/都市鉱山/水素社会と燃料電池車/サルはきょうだい/ハダカデバネズミ


Ⅴ 近うて遠きもの、遠くて近きもの《生きること、死ぬこと》

がん100万人時代/尊厳死と安楽死/受動喫煙NO/花粉症/生食禁止/地球上でいちばんコワイやつ/水で中毒死/再生医療は希望か/科学記者が未来を占う

内容(「BOOK」データベースより)
科学がみえる、科学がわかる。どうつきあうか。AI、ゲノム、重力波―知れば知るほど面白い、知らなきゃやばい、科学の世界の読み解き方。



✒️著者について

元村 有希子(もとむら・ゆきこ)

1966年生まれ。九州大学教育学部卒業。
1989年毎日新聞社入社。西部本社報道部、下関支局などを経て毎日新聞東京本社科学環境部に配属。2017年に科学環境部長。2006年第1回科学ジャーナリスト大賞受賞。科学コミュニケーション活動に力を入れ、富山大学、国際基督教大学などで教壇に立つが、大学で取得した教員免許は「国語」。著書に『理系思考』『気になる科学』(共に毎日新聞出版)など。講演やテレビ出演も多数。

◾著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)




_20180611_142125






例えば、

高齢者が腰を痛めたり、歪めたら
その為に、足の長さが変わるので

土踏まずにタオルや、靴の中に厚い
中敷きを敷かなきゃならないとか。


近視の人は、普段メガネをかけてると
本を読んだり、スマホを見る時に
メガネが邪魔になるとか…。

『科学』とは、単純明快にカラダに対し
人間の個により、『操作する必要』に
迫られる。その人生とは、個人個人に
『都合』が生じます。


医学は、そこに『オーダーメイド医療』なる
システムが介在し、生活や環境や年代、体質
により様々な事由によって『クオリティー』
というものに、格差が生じます。


『QOL』という次元では、明らかに
『他人とは違う目的や事情や理由』が生じ、

『みんなが違う体験』をして、似たような
体験をし、『誰かと違うシチュエーション』
たる理不尽さを経験する。体型や体質から。


『昨日と同じではない肉体』や、また
『昨日と違う自分』により、カラダには
不都合が生じます。それが、人間の生命!


その生命に、あらゆる科学が存在して
操作され、利用され、活用されてきた。


例えば、『記憶』とは個人の環境です!

『記憶』の共有は、家族や友人や会社や
学校により有益であり、精神障害者や
記憶障害者や、犯罪者でない限りは


『記憶したこと』により、自分自身となり
『記憶のある』場所と、『自分の名前』に
よって、人間は『生活者』となります。


その沢山の、莫大にある『記憶』により

人間は、生命になり『人』として生活を
して、進化をし成長し、自らの居場所と
名前により、発展を遂げてきました!


医学は、衣食住は、人間に沢山の可能性
を与えたし、莫大にあるデータや情報と
繋ぎ、


人間を種々な場所や学問に向かわせ
それは、祖先から引き継いだ遺伝子や
更には、歴史と融合、調和することに
よって、

人間が、『科学に繋がる生命』である
ことにより進化を果たしてきたことが
明らかになりました。


SuicaやPASMOは、
『お金の計算を出来ない』視覚障害者にも、

高齢者にも、子供にも交通機関以外の場所、
お店で(コンビニ等で)買いたいものを買わせ
行きたい場所に、その人を行かせてくれる!


『科学すること』による莫大な可能性は、
『知らなかったこと』や、『知らないこと』
に対して、身近で『分かりやすいもの』と
なり、いつも『簡単に繋がるもの』となり


人間に、『ごっこ』を沢山与えていった。

『体感する場所』で、『体験する機会』に
なり、『知らなかったこと』に接していく
日常を与えた。


病院に行くと、最新鋭の検査機器に出会う。

医学は、科学は人を動かした。生きる人に
病む人に繋がり、命に未来や現在を示した!


赤ちゃんに、高齢者に、がん患者に、
認知症に、身体障害者に、みんなに
科学は繋がる。大人にも子供にも繋がる。


だから、『生まれてきた時からの名前』と
先祖から引き継いだ『遺伝子』を生きて、
『人間』である事実を、現実を味わって、

楽しまなきゃならないし、駆使しなくては
ならない。人間にしか経験出来ないことを
人間が、生命である証に学ばなくては
ならない。動物ではなく、人間だから。



🖊️By 鈴木宏枝




↑このページのトップヘ