千生/Chisei

乳癌から18年 ―Blog 365 days―

2018年11月

_20181128_153620

DSC_3112





買い物への道すがらと
帰り道にて。



DSC_3113

DSC_3114





晴れ間が出て、
あたたかな昨日。買い物へ






DSC_3115

DSC_3116

DSC_3117

DSC_3119




DSC_3118






🎞️ 鈴木霄


✒️ 2016,6,19 にて記



沖縄県立中部病院の医師たちの物語?


沖縄の中部病院は、

かつて広島東洋カープに在籍していた
小早川毅彦選手が、沖縄市でキャンプ中に
赤痢にかかり、入院した病院と記憶してる。



 





〈太平洋を渡った医師たち〉
書評

米国の卒後教育がわかる,留学希望者必読の書

書評者:松井 征男(聖路加国際病院副院長)


 本書は,沖縄県立中部病院での卒後研修後に,
北米で臨床のトレーニングを受けた医師たちの
記録である。編集をされた安次嶺馨同院院長は
もちろん,宮城征四郎前院長の熱意あふれる
記録も含まれる。周知のように同院はわが国の
医師卒後研修のリーダー的存在であり,各執筆
者は臨床研修に対して強い目的意識をもって
留学されている。真栄城優夫前前院長の序文,
安次嶺先生のあとがきからも,同院の卒後研修
にかける並々ならぬ熱意の歴史をうかがうこと
ができる。余談になるが私は聖路加国際病院で
の研修後に,たまたまシカゴの病院で安次嶺
先生の後輩として研修を受ける機会があり,
大変お世話になった。 


と、松井先生は最後に締めくくっている。



目次


1 〉 アメリカ留学への戦略 
2 〉 ニューヨークでの研修医生活 
3 〉 アメリカでの胸部心臓外科トレーニング 
4 〉 総合内科はこんなにおもしろい 
5 〉 北米の小児病院と日本の小児病院 
6 〉 感染症専門医のアイデンティティーを求めて 
7 〉 小児医療の原点-救急医療から集中治療,
循環器疾患まで 
8 〉 ボルティモアは外科医としての原点 
9 〉 シカゴはアメリカ新生児医療発祥の町 
10〉  デンバーでペティー教授に学んだこと 
11〉  ハワイの開業に夢を託す 
12〉  ハワイ大学医学部教官として学生を指導する 
13〉  アラバマでの開業医生活25年を回顧する 
14〉  Comparison between American and
Japanese medical education 
15〉  My Teaching Program 




太平洋を渡った医師たち

13人の北米留学記

編集:安次嶺 馨

判型 A5頁 212発行 2003年04月
定価 3,024円 (本体2,800円+税8%)
ISBN:978-4-260-12705-9



▫️書評 ▫️

読むたびに留学への情熱をかき立てられる,
留学希望者必読の1冊

米国・カナダで卒後臨床医学研修を学んだ
医師たちによる体験記集。世界でも最高
レベルの臨床研修を求めて北米に渡った
医師たちが,留学を希望する若き医学生
・研修医に向けた熱いメッセージ。

アメリカ式の卒後臨床研修を導入して高い
評価を受けている沖縄県立中部病院関係者
を中心に,内外の第一線で活躍する医師
たちが執筆。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



沖縄県を知ると、見た目に分からない
地域性がある。那覇市以外の地域にも

(基地がある地域だけを見て)都会的な
イメージもあるのに、嘉手納やコザは
アメリカ軍のイメージが強い。


その沖縄県には、数多くの球団が毎年
キャンプを張り、報道機関も多数詰めかけ
近年は読売ジャイアンツもキャンプを張り、


2月には、沖縄県の観光地はかなりの
動員数を占める。ダムのない沖縄県では
節水が日常的であり、県民の水不足とは
意外や気付かれていない。都心の生活を

マンションの生活をしている人々がいて、
明らかに企業による転勤族や、ゴルフに
来ているブルジョアに見てとれるセレブな
人々が集まる沖縄市の周りに、意外な場所、

意外な地域もある。沖縄へのひとり旅には
意外なくらいのもてなしに、最高な接待が
あって(スタッフは私の専属さながら?)、


沖縄市のホテルに泊まった私が体験した
ホテル従業員からの至れり尽くせりな朝の
時間とは、サラリーマンやセミゴルファー
の人、人でレストランは溢れて返っており

朝食は、賑やかであった。しかし、夜は
私ひとりで3人のスタッフに給仕されて
いた。


そのホテルから程近い場所に、広島東洋
カープのキャンプ地があった。その時代の
沖縄からは、医療が不完全な場所に見えた。


沖縄市の京都観光ホテルで小早川毅彦選手が
赤痢にかかり、沖縄県内は感染症の話題で
しばらく、キャンプ地は厳戒なイメージを
スポーツ新聞を通し、賑わせていた(笑)。


あの赤痢に、感染症の医師と来て?
高山医師の名まで想像させてくれる沖縄県。

因みに、私の乳がんの時のレジデントの
小川先生は、私の治療後、沖縄県に行き
何やら研修をしている!?


そんな沖縄県の医療。気になる。




🖊️鈴木霄



我が家にある、変な医学書!

と言うより、気が向かないと読まない私の
欲求と好奇心と、向学心が買わせた本たち。



image


image





読まなくても、読んだ気持ちにはなるし?
読みたくて、嬉しくなる時には枕の傍らに
位置している。ぐうたらな風邪ひきの時は

寝ながら勉強させてくれる、そんなお友達の
いくつか。登校拒否児をしてみないと?

こうした嗜好は、生まれないらしい(笑)。




✒️ 2015,11,2 にて記



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










「探究心」とか、「知りたがり」とか、
「気まぐれ」だの、「物好き」だのと
言われてしまうことにより、明らかに

「素人の戯言」ではあるのだけれど。


分からない、知らない、気づかない
という日常に、「不安をつくる」のです。

「不安を減らす」べく、「分かりたい」
という。ただ単純に、「知るべき」だと。


それが、私の場合に
「変な医学書」に、繋がりました!



DSC_3088
16:12 撮影

DSC_3089

DSC_3090

DSC_3091

DSC_3092




DSC_3093

DSC_3094
16:13 撮影


DSC_3095

DSC_3096

DSC_3097

DSC_3099
16:14 撮影


DSC_3100
16:15 撮影

DSC_3101

DSC_3102

DSC_3104




もう
12月も、そこまで来ています。

黄金色がキレイな夕方。





🎞️鈴木霄


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


✒️ 2016年9月6日にて




人間の当たり前を、人がどれくらい認識を
して、どれくらい気が付いているのか?


精神障害者の〈ごっこ〉をやる癖とは
なかなか執拗であり、回りくどいが?

支離滅裂でもある。



面白い本を見つけた!

先に、書評から紹介すると?



書評


地理的失認の症例について詳述した,
シリーズ異色の一冊

書評者:酒田 英夫
(前・日大教授 神経・筋肉生理学)


 1960年代のはじめに時実利彦さんの
『脳の話』と共に岩波新書のベストセラーに
なった『動物と太陽コンパス』の著者の桑原
万寿太郎さん(動物行動学)はまえがきの中
で「鳥の渡りや動物の帰巣性の問題は遠い
祖先の時代から人々の関心の的であった。」
と書いている。
太陽コンパスとはムクドリが渡りの時期に
太陽の位置から遺伝的に決まった渡りの方向
を読み取る仕組みを指す。桑原さんは時刻に
関係なく方位を読み取るには体内時計が必要
であると論じている。当時まだ発見されて
いなかった体内時計は今では誰でも知って
いる時差ぼけの原因となる神経核で視床下部
にある。渡り鳥や伝書鳩では方位を知らせる
磁気センサーが発見されている。では,磁気
コンパスのない哺乳動物はどのようにして
巣に帰るのだろうか。 

 1948年,実験心理学のTolmanはラット
の迷路学習の訓練中にたまたま迷路の上に
載せたラットが一直線に餌のある場所に
走っていくのを見て,動物の頭の中に広い
範囲の認知地図があるに違いないと考えた。
それ以来,認知地図は本当にあるのか?
あるとしたら脳のどこにあるのか? という
議論が繰り返されている。1971年にラット
の海馬に場所細胞を発見したO'Keefeは
『The Hippocampus as a Cognitive Map』
という本を書いて海馬に認知地図がある
可能性が高いことを示唆した。(略)

一方,道順障害の典型例として著者が挙げて
いるのは病院内で道に迷うだけでなく椅子に
背中を向けて座ることができないケースで
ある。おそらくは直接目に見える空間の外の,
広い空間の表象が失われたためと考えられる。

病巣は楔前部を含む頭頂葉内側面であった。
著者はこれらの症状のメカニズムを理解する
ために役立ちそうな脳機能画像の実験やサル
のニューロン活動の記録などを紹介している。




人間には、同じ道を歩きながら
風景のなかで、同じ看板に気付く人と
全く気付かない人がいたり、同じ道で

季節を感じる人と、季節を感じにくい人と
いうのがいる。歩きながら、道端の草花に
気付く人と、新しいお店の開店に気付く人
とがいるのに、気付かない人がいる。


行きつけのお店が、外装をリニューアル
したのに気付けない人。友達の家の庭で
花が咲いていても見ない人。バス停の
時刻表が新しくなっても分からない人。

その脳では、事実も現実も迷路である!


例えば、

同級生が髪型を変えたり、文具を変えた時
傍にいて気が付いた人と、気付いたり出来
ない人とでは、コミュニケーション能力は
明らかに違う。優しくないと気付かない。


繋がる人のタイプやコミュニケーション
能力の差により知識や体験や、日常的な
テリトリーや行動範囲やスキルは、

明らかに異なる。知らないから嘘をつく、
デタラメを話す精神障害者では、日常的に
自分のことを、意外と自己開示出来ない!


自己開示を出来ない、話せない精神障害の
ある人では、楽しいとか嬉しいとか、また
どんな感覚だったかを説明出来ないとか。


他人のことをネタにして自分の体験という
ものは、話せないという。歩けない、また
行けない、知らない場所は、不都合がある
人では、それを体験する、出かける、また

行ける人を〈悪い人〉だと話す精神障害者
では自らに対する負い目やコンプレックス
とか、不利に繋がる出来事には、常に嘘を
つく。


デタラメや作り話や芝居をし、自己憐憫に
陶酔するといった被害妄想や詐欺まがいな
ことをやるらしい。狂言をやるようになる。


歩かない道では、知り合いになれない。
出かけないお店では、商品は買えない。

それを、脳障害がある罹患者は、歩いた、
買った、というような嘘をつく。その嘘
から、いやな人になる人たちがいる。


ずるい人たちは、自分の分からないこと、
知らない場所の嘘をつく。いやな人の脳
というのが発生する。

出来ない、分からない人では
見えない、気付けないということすらも
誤魔化すらしい。精神障害者は複雑な脳。



では、
参考となりますようにー。









街を歩く神経心理学


著:高橋 伸佳

シリーズ編集:
山鳥 重/彦坂 興秀/河村 満/田邉 敬貴

判型 A5頁 200発行 2009年07月
定価 3,240円 (本体3,000円+税8%)
ISBN:978-4-260-00644-6


序文 

脳機能が侵されたとき、見慣れた街は
迷路に変わる

いつも見慣れた風景や道も、いったん脳
機能の障害にかかれば、未知の迷路と化す。
こうした「街並失認」にみられる興味深い
症例をもとに、さまざまな地理的失見当識
の起こるメカニズムを探求する初めての書。

「道の歩き方」「方向感覚と方向音痴」
「地理的障害」「街の顔がわからない」
などを具体的に呈示。街の神経心理学を
学ぶために多数のマップとエッセイを付した。

*「神経心理学コレクション」は
株式会社医学書院の登録商標です。



目次


 ✒まえがき 


第1章 道を覚える 

 1.見える範囲と見えない範囲 
 2.道の歩き方 
 3.方向感覚と方向音痴 
 4.地理的障害 


第2章 街の顔がわからない-街並失認 

 1.歴史的背景 
 2.街並失認との出会い 
 3.街並失認の症候と病巣 
 4.熟知視覚像の失認 


第3章 方角がわからない-道順障害 

 1.歴史的背景 
 2.道順障害との出会い 
 3.道順障害の症候と病巣 
 4.非典型例 


第4章 神経機能画像研究 

 1.地理的機能に関する機能画像的アプローチ 
 2.街並失認のイメージング 
 3.道順障害のイメージング 


第5章 「街を歩く」ための脳内機構 

 1.地理的障害の解剖学 
 2.地理的記憶の貯蔵庫はどこか 
  A.街並の記憶貯蔵 
  B.道順の記憶貯蔵 
 3.「街を歩く」脳内機構 
  A.街並失認はなぜ起こるのか 
  B.道順障害はなぜ起こるのか 
  C.まとめ:街を歩く脳内機構 


 ✒文献 
 ✒索引




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ