千生(Chisei )

乳癌から18年 ―Blog 365 days―

2018年08月

午後は


DSC_0615

DSC_0616

DSC_0617





ふわふわ

買い物から帰宅したら
こんな雲なんだよ



8月は、自然界が賑やかだったね。
雨や風、月も賑やかな夏でした。

明日から、9月です!




🌤️宏枝.Suzuki


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


DSC_0596





まだまだ暑いです。

まだ8月です。明日からは秋に
なります。ほんとに秋になるんです!



暑いです。今から4年前に
お引っ越しをして、市内から市内に
移り住んだら、10月なのに猛暑なみ。


前のお家は、建物のはじっこに暮らし
夏は、コンクリートが熱くなりすぎて、
家の中が、亜熱帯園みたいでした。

しかし、ここでは強風と一心同体に
なり、風と空と常に一緒です!


ベランダ側の窓が壊れやしないか、
不安になり、ドキドキすることは
しょっちゅうです(笑)。




DSC_0601

DSC_0602

DSC_0603





ここでは、富士山も
チラリズムで見える生活!?


冬には、白い山の冠に出会えます。

風と、ヘリコプターの騒音に耐えたら
1年、自然界と戯れる環境になります。




🖊️宏枝.Suzuki


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


続きを読む

_20180830_104938




まだまだ暑いです。

ほんとに暑いです!




DSC_0575
10:46の太陽



DSC_0560

DSC_0561
10:44



富士山は雲隠れ!?




🖊️宏枝.Suzuki


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



✒️記/2017,8,14にて



人間を分析する精神科医に、誰が指導?

他人に馴らされていくドクターが、誰と
ティーチャー? 患者さまに習うのよね。

世間知らずだって、IQ高いのも、バカも
利口も習うのよ。精神に繋がるヒトなら、
習うのよ。人間さまに!?


「ヒト」のことだから、関係ないや!

「他人のこと」だから、介入したがる人間。
「人間」だから、分からないことだらけ。


「良いこと」は、苦手な人間。

「間違うこと」くらいは、たいしたこと
ないよ、という無頓着や天の邪鬼な人!


「知らぬ存ぜぬ」の通りすがり、
「野次馬になりたがる」赤の他人。

「あなた」は、誰かしら?
「あたし」は、無関係な人畜無害。


だから、「精神病」なんか知ったこっちゃ
ない。「ストイック」なんかとバカにする
不良な小娘と、ヤンキーやってたシングル
マザー。あげくの欲しがり!?


要するに、高飛車なら知らない世界観。
謙虚なら、でしゃばりな世の中通。

「恥のかきすて」嫌う高慢ちきな
世間知らず。「人生経験」嫌う弱虫。


精神病になんて、なりたがらない人間を
「おかしい」なんて言い出すモラハラ族な
新興宗教と不道徳好きなテロリズムびいき。

だから、知れば「不都合ばかりだわ」とか、
「知ったら損した」と言いたげな犯罪者顔。


私の出会った精神病の人たち。あんなのや
こんなのや。生まれてきて可哀想な意地悪
さんたち。醜いアヒルの子より始末が悪い。


だから、分かりやすい。病気なのよね、
あの顔やあんな人たち。あなたの体は、
あなたの知能は、何なのかしら?

「精神異常なグループソウル」だけを
繋げたりしないんだって。繋がらない、
縁がない人に冷やかしや嫌がらせをやり、

なかなか繋がらないタイプに、モラハラを
したり、当たり屋をやりに出かけてるって。

そんな東京の市街地にいて、習うのよ!


「バカにつける薬は無い」という現実を。

あたしはね、学んだんだ。薬なんかね
要らないんだって。バカには、薬だとか
医学だとか、科学や哲学は見えないって。

鏡よ、鏡よ、鏡さん。あなたに見える
悪魔は、だあれ?

「映らない多重人格」だって。悪さを
して、隠れに隠れてる弱虫たちだって。

悪魔は、善人の影にいて名乗らないのよ。
偽名好きな犯罪者Aだの、精神病Bはね。


あなたは、だあれ?
あなたは、どこのどなた?

そんなまやかしに誰かが言った。

「おまえのふり」だって。ちっとも私に
似ていない精神病が、私の嫌いなタイプ。

真似したら、似ないじゃない?
私は、私の真似なんかやらないもん。

私は、私の命を生かしてきただけだもの。
他人に真似されたくて生まれた訳じゃ
ないんだもの。やあね、成り済まし。


そうして私は、医学が人間をダメに
しないかどうかを、探って来たのです。


そんなこんなで、ヒトを分からない
かも知れない人にも、良い教科書が!


「アクション」という。身ぶり手振りの
アイドルの歌なんか、流行らなくなっても
まだまだ、生きていけるんだよね。なぜか。

人間に、「人真似」させて儲かる場所に
アイドルがいる。真似しないで成長する
人って、かなり珍しいよね。



――――――――――――――――――――――――――










アクション


著:丹治 順/山鳥 重/河村 満
シリーズ編集:山鳥 重/河村 満/池田 学

  • 判型 A5
  • 頁 184
  • 発行 2011年09月
  • 定価 3,672円 (本体3,400円+税8%)
  • ISBN978-4-260-01034-4
「アクション」を可能にする脳の働きを
どう解明するか

ヒトが周囲の世界に対する働きかけとして出力する
手段であり、個体の意図の表れとして行われる運動
である「アクション」。脳はそれをどのようにして
実現しているのか。その解明に向け、大脳を文字
通り縦横無尽に駆け巡るがごとく行われてきた
実験・研究の成果から、アクションの大脳生理学的
背景を探る。神経心理学の臨床家のサジェスチョン
を受けつつ、大脳生理学研究の第一人者が行った
スリリングな講義を余すところなく収録。

*「神経心理学コレクション」は
株式会社医学書院の登録商標です。





🖊️序文



 私達の人生において大切なものは数多くあるとは
いっても,何よりも大切なことは何かをするという
こと,アクションではないでしょうか。生きている
という実感は,身体を動かし,アクションをする
ときに生まれてきます。私達の存在意義,あるいは
アイデンティティーを確かなものにすることが
できるのは,自己の表現以外にないならば,その
手段としてのアクションの意味はとてつもなく
大きいと言わざるを得ません。どんなに博学で
知識にたけ,あるいは明晰な判断力と知謀に卓越
していても,それらを表現し,世に表すことが
できなければ,せっかくの知の存在が埋もれた
ままに終わってしまうでしょう。



アクションを可能にする脳の働きについて,
脳科学はその解明に向けてどのようにメスを入れ,
どこまで理解を進めているのでしょうか。そういう
問題提起を基本に据えながら,本書では大脳皮質の
運動関連領野の働きについて,大脳生理学研究者の
観点から考察を進めていきます。



2011年8月
 丹治 順




📕目次


🗒️第1章 大脳皮質の一次運動野

 1.大脳運動野研究の背景ときっかけ
 2.一次運動野のつくりと働きを探る
 3.運動野の機能単位
 4.運動準備への関与
 5.一次運動野と一次感覚野の関係
 6.「アクション」という用語について
 7.Penfieldの地図の意味
 8.機能地図の可塑的な変化


🗒️第2章 高次運動野

 1.高次運動野はどこに,いくつあるか
 2.高次運動野の定義


🗒️第3章 運動前野

 1.運動前野の二大機能
 2.動作の空間的誘導
 3.新たな機能仮説の紹介
 4.ミラーニューロン仮説
 5.視覚情報と動作情報の連合
 6.抽象的な動作プランから具体的動作プランへの変換
 7.運動前野の働きのまとめ


🗒️第4章 補足運動野と前補足運動野

 1.大脳半球内側の高次運動野
 2.左右の手の使い分け
 3.Ecclesと二元論
 4.補足運動野の機能仮説
 5.複数動作の順序制御
 6.前補足運動野の特性
 7.動作の時間制御への関与
 8.細胞活動による時間表現
 9.補足運動野の機能脱落
 10.失行との関係性


🗒️第5章 帯状皮質運動野

 1.帯状皮質運動野はどこにある
 2.帯状皮質運動野と脳の回路
 3.帯状皮質運動野の使われ方
 4.報酬情報に依拠した動作選択
 5.帯状皮質運動野機能の別の側面
 6.系統発生という視点からの考察
 7.細胞活動の意味を考察する
 8.体性局在について
 9.前頭眼野と補足眼野


🗒️第6章 前頭前野

 1.前頭前野の働きを概説する
 2.working memory仮説
 3.行動の抑制
 4.行動の制御系としての前頭前野の働き
 5.行動のカテゴリー化
 6.行動の先読み
 7.未来を予測し,イメージする能力
 8.前頭前野の面白さ


🗒️索引



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



「自分」を生きていれば、自分の肉体や
精神に、「意味合い」が生まれてきます。


「意味合い」を表現したり、「自意識」を
コントロールすると、意外な前進や成長を
体験する。「習うこと」により得る快感は、

自己陶酔ならず、自己改革かも知れない!?


病気をして病院に通うと、検査をします。
痛いことや、血も見る羽目になりますよね。

馴れるんです。「そんなもの」に検査をし
「異常なし!」を体験するんです。病気で。









「りびんぐ▫️すけーぷ」の方に書いた、
JAXAとヤクルト中央研究所のこと。


JAXAは、とんだトラベル、トラベラーを
作る場所(私の母校、七生の緯度にある)。


私が幼稚園時代に暮らしていたアパートは
「レインボー」だったが。私を育てて
くれた、石川家のおばあちゃんは

㐂代(NASAぶり)だし。母の誕生日は
NASA(73)の反対。私には宇宙がらみが
多い、という。イタズラぶりな生い立ち。

冗談は、さておき


ヤクルト中央研究所の石川所長は親戚ぶり
なんだが。七夕が誕生日だという。半ば
イタズラなんだろう。

そのヤクルト中央研究所は、JAXAと組み
宇宙飛行士の為の、宇宙での健康管理を
研究している。乳酸菌のカプセルだ!


そんなJAXAでは、海洋にも目を付け
「地球は青かった」と、宇宙飛行士の
ガガーリンが言った為に、JAXAはね

海洋にまで繋がる研究をしている!?



その研究者が、北海道大学にいる。
斉藤誠一教授。やらしく、バカバカしく
祖父の血だ。鈴木和一郎の残骸の1人だ!

親父くんが居るような空気を醸し出す(笑)。









宇宙から見た日本の海洋。そこにJAXAは
「しきさい」なんてモノに着手した!


要するに、宇宙工学や科学を使いまくり
日本の海洋を調査し、漁に繋げるという
ことだそうだ。「地球は青かった」から…。

地球で、日本の海洋から「魚ちゃん」を
見つける、調査するなんて研究なんだと?


北海道に、父が一時期いたのも頷ける。
血だらけだから、なんだと分かりやすい。



斉藤誠一ちゃん。おじいちゃんに似て
いたら、悲しく嬉しい。おじちゃんに
似てるかも(鈴木くんっぽいよ)?


JAXAは、イタズラをするんだな~。



JAXAのサイトから以下参照。

祖父の血。斉藤誠一教授がいる、
北海道大学の研究機関とは?


「北海道大学北極域研究センター」という。

北海道大学の北極域研究に携わる研究者を、
基礎自然科学から応用科学、人文社会科学
まであらゆる分野から集約し、北極域の
持続可能な活用と保全を目的として研究
活動を行っている。

また、国立極地研究所や海洋研究開発機構
と協力して、実効性のある課題解決研究と
人材育成を通して、

「我が国の北極政策」(2015年10月16日
発表)の実施にも貢献できる、日本に
おける北極域研究のナショナルセンター
としての機能を有する組織を目指す。



斉藤誠一教授の記事。

沿岸域の漁場予測から北極域の環境モニタ
リングまで「しきさい」の幅広い利活用を
期待⤵️

http://fanfun.jaxa.jp/eos/topics/topics_20180426.html



大学入学を目指す学生に対して、

斉藤誠一教授によれば

宇宙から海洋を探る。水産海洋科学科では,
生物,化学,物理を統合的に学ぶようにして
いますが,衛星海洋学はまさにその学際的
分野です。地球環境や気候変動と海洋生物
資源変動に興味がある人,何でも好奇心を
持つ人,やる気のある人を捜しています。

北極,ベーリング海から南極まで,対象
海域はグローバルです。プランクトン
から鯨まで,対象生物はワイドです。

とあります!




地球は青く、また地球では
魚たちがどんな風に暮らしてきたか?

ということが、JAXAと北海道大学にて
調査を重ねてきた研究課題だそうです。


私が生まれた日、宇宙飛行士ガガーリンは

人類初の有人ロケットにて、月から地球を
見つめ、地球は海そのものの碧をしていた
というコメントを残した。その日から

地球にいる人間は、宇宙科学と地球を
繋げながら、人類の生きる地球で何が
起きてきたか、何が生きているのかを
調査、研究を本格化させた。


JAXAは、そんな日本の宇宙科学を
発展させ、地球に生きるあらゆる生物と
人間が生きる為に必要な研究や、医科学と、

人間科学、社会学に基づき海洋と自然界の
現実と、生態を調査してきたと言います!


そんな地球の、不思議な科学に
私たちが参加してきたのは、私が暮らす
場所が、太古から存在し、縄文から生き
日本の歴史を紡いできた土地だからこそ、

日本には埋もれている、まだまだ未開の
自然科学が存在し、生命たる地球がまだ
強い、とてつもない能力を秘めていることを、
様々な科学者や研究者によって紐解きながら


人類が、これからをどう展開をさせるかを
人間が創造と探求によって、日本が進化を
果たしながら、科学と存続することを今は

宇宙から与えられた課題なんだと、私自身が
識るに至りました。「不思議」と、生命体と
奇跡とを得た人間が、生み出すドラマは

宇宙のイタズラ。


イタズラに参加した科学や文明が、今は
タイムマシーンみたいに私には面白い!


イタズラに生まれたかのような血ですが?

祖父母による遺伝子と、知能を楽しみつつ
成長をしたい、知りたいと思う私です!


日本じゅうにいる地球人が、どこかに
いる遺伝子が、発展と進化の担い手であり
続けることを、幸せに感じながら記します。


時計が、永遠に回り続ける宇宙と共にある
ことに、少しだけ参加出来ました。

奇跡の参加でした。奇跡と仕組みです!
私の人生が、宇宙に繋がったことに
感謝します。あらゆる生物と知能に

感謝します!



🖊️宏枝.Suzuki



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ